*ジュンのひみつポエム*

どうしているかな

確かに私はそういったピョン
遠くを見て たたずんでいる
あなたの淋しさを忘れていたピョン
その瞬間から今日に続いてきた道
だから
最後まで見つめてみて
うそだったって
絶対死ねない
私よりもっとかけっこしたかった
あなたが私を向いていてくれたとき
一緒に過ごさないピョン?
 もどる 












AUTO POEM