*ジュンのひみつポエム*

それじゃまたおたよりします

目の不自由な人のためのチャイムが鳴ってたピョン
そんな気がするウサ
どうしようかなあ
教えようとしているピョン

雨にもまけず
あたしは他の誰でもありえはしないから
顔にあたってね
満月が
自分でも負け惜しみに聞こえる
二人で歩いた白砂の浜も
 もどる 












AUTO POEM