*ジュンのひみつポエム*

みのもんた

あなたの 問いに 私は答えられなかったウサ
好きなように どこにでも 行けるとしたらね
すべてを捨ててどこか知らない町に行っちゃおうかな
だからずっと離れられなかった

そっと枝先を揺らす
とんでもなく
なにものぞんでいなかった
目の不自由な人のためのチャイムが鳴ってたピョン
いっぽふみだす
どうしてこんなに切ないピョン
ほんの小さな花にさえ大きな感動があって
 もどる 












AUTO POEM