印刷しやすいように文字だけで説明が欲しい方はこちら

■TOP

今回はちょっと趣向を変えて、Photshopで、ぬり絵で使える線画の作り方を説明するピョン♪

1>真っ白な紙に絵を描きまーす♪

めんどくさい人はエンピツ描きそのままでOKピョン。
今回はめんどくさい人のために!(笑)シャープで描いた線を使いましたー。


出来たら黒いペンでペン入れして、消しゴムでキレイに下書きを消すと
ますますきれいな線画に。
下書きを消しゴムでいかにキレイに消すかで後の処理がずいぶん楽になるッス。
まず!
スキャナーで描いた絵を読み込むピョン。

読み込むときはカラーモード
グレースケールにして
読み込んでピョン。


*隣の絵はスキャナーによって違うから(汗)
参考ていどにしてピョン。
スキャナーの設定<グレースケールに>
<おまけ>人物とか描く場合は、最後に縮小かけるつもりで、解像度は200〜300dpiにしておくといいウサ。
(解像度が高いほど線がなめらかになるピョン)
ポケピの場合、単純な線だから矢崎はほとんど100か200dpiで描いてるピョン。
さぁスキャナーで
読み込み完了ピョン!


うーん、でもまだ線がうすいし、
汚れもあるウサ。

じゃあまずおおざっぱにそうじするコツ
教えるね。
読み込み完了図
ここでまず、うすい汚れを
一気にそうじしちゃおう!

上のメニューバーの中にある
「イメージ」から
「色調補正」
「明るさ・コントラスト」

を選んで、
明るさとコントラストの数字を
それぞれ大きくしてみてピョン。

背景の白い部分はなるべく白くなるように
線はとぎれないぐらいの
ぎりぎりの所に
してみてね。
調整完了!

小さなゴミが消えて
だいぶ線がはっきりしてきたピョン。
明るさ・コントラスト調整後
消しゴムツール画像さらに消せなかったゴミを
消すピョン。

画面を拡大して→
消しゴムツールをクリック。
ナビゲーター画像
はみだしてる所とか、
ゴミを探して
消しゴムツールでどんどん消してね。

画面のすみずみまでしっかり見るのが大事。
拡大図
よし大丈夫だ!と思ったらいよいよ線画作成ピョン。
1>上のメニューバーの「選択範囲」から「すべてを選択」をクリック。
2>上のメニューバーの「編集」から「コピー」をクリック。
3>ここで、レイヤー
1枚新しく作るピョン。

新規レイヤーボタンをクリック。


画面は7.0バージョンのだけど
どのバージョンでも似たようなボタンは
あるはずだから
赤い矢印の下にあるような
紙がめくれてるアイコン
をクリックしてピョン。
新規レイヤーボタン
クイックマスクボタン 4>このあと重要なことは!

画面左手にあるツールバーから
クイックマスクモードボタンをクリック。
そうすると青で表示されてたレイヤーがグレー表示になるピョン。
4>上のメニューバーの「編集」から「ペースト」をクリック。
(そのままレイヤー1にペーストされるピョン)
線が赤くなってれば成功!


メニューバーから
「イメージ」

「色調補正」
「階調の反転」

を選んでピョン。
クイックマスクモード図
そうすると!
なんと画面が赤くなるピョン!

ドキドキ。
赤、あか♪まっかっか
そこで、すかさず!さっきと反対側の左のボタン押してクイックモードを解除するっす。
ふう。

こんな感じに
線画部分だけ
選択されてる状態になるウサ。
線だけ選択された図
前に黒前の四角(■)がになってることを確認して
(黒になってなってなかったら
下の重なってる小さい■□の部分クリックすると表示通りになるピョン)

上のメニューバーから
      「編集」「ぬりつぶし」を選んでピョン。
こんな感じになったら
上のメニューバーの
「選択範囲」→
「選択範囲の解除」

選んでピョン。
線を黒でぬりつぶした図
不可視にしました。背景レイヤーの目のアイコンをクリックして消すウサ。

これで背景レイヤーは見えなくなるピョン。
線画完成!

背景が消えて線画だけになった状態っす。


線の色がうすいなーと思ったら
レイヤー1を何枚もコピーして
メニューバーの「レイヤー」から
「表示レイヤーの結合」を選ぶと
コピーした分のレイヤーが重なって
線が濃くなるピョン。

コピーの仕方は
コピーしたいレイヤーをクリックしたまま
下のアイコンにもっていくとコピーされるウサ。
レイヤーコピーをする図
背景透過処理が終わりました。
線画の最後の仕上げとして
メニューバーの「イメージ」から「モード」を選んで
「グレースケール」にチェックを「RGPカラー」に変更すればOKッス。
その時、結合しないをクリックしてね。
*「結合」を押すとまた最初からやり直しになるから注意するピョン(汗)

ここまでで
ぬり絵の線画として保存したい人は、
メニューバーの「ファイル」→「WEB用に保存」→「背景透明」にチェック入れて
GIF形式で保存してピョン。
LEの人は「ファイル」→「書き出し」→「GIF形式で書き出し」で保存してピョン♪

色ぬり
覚えておくと便利ウサー。
きっと自分の好みの絵にもっと近づくと思うピョン♪
レイヤー1の下に新しくレイヤー置いて
色をぬった状態です。
☆とジュンは別レイヤーにしました。

選択ツール。これで線画をなぞっていく。
ぬり方は
選択ツールで、ちまちま塗りたいところを
ぐるりと囲っていって、
その部分が選択できたら
編集から「ぬりつぶし」をします。透明部分の保護ボタン

ぬりつぶしをしたら、透明部分をロック
(保護)にチェックを入れるウサ。
(この表示はバージョンによって違うよー)
これで透明部分にはみ出さなくなるピョン。
影つけるときに便利!
基本のおおまかな色塗り
色の細かい調整をするウサ♪
メニューバーから、「イメージ」→「色調補正」→「色調・彩度」をクリックしてー。
色相・彩度・明度のバーを動かして、色々な色をためしてみてピョン。
色相・彩度・明度・調整中ー。どきどき

あ・・・青はちょっと・・・。
「えっ!こんな色でもけっこう合うじゃん!」みたいな意外な発見があるかも♪

だから人物だったら、瞳の色とか髪の色とか服の色とか、それぞれパーツごとに
レイヤー分けておいて、色んな色をためしてみると楽しいよ。
レイヤーごとに、色は変化させられるから。

カラーが変わると全然イメージ変わっちゃうウサ♪

おつかれさまでしたv
背景に写真を合成しても楽しいピョン。

■TOP

どこでもトムトム